ポテンツァは痛い?リアルな口コミや対策をご紹介

ニキビ跡や毛穴の悩みを解決する最新の肌治療であるポテンツァ。施術を受けた人の中には

吹き出し「ポテンツァ痛かった…」

とポテンツァの痛みが強いという口コミが多数寄せられています。

ポテンツァの痛みとは、どのくらいの痛みなのでしょうか?また、我慢できない程の痛みなのでしょうか?

本記事では、ポテンツァの痛みに対してのリアルな口コミをご紹介し、その実態を患者様免染でご紹介していきます。

ポテンツァの痛みに不安を抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ポテンツァの痛みはどのくらい?リアルな口コミをご紹介

ポテンツァの痛みに対するリアルな口コミをご紹介します。

ポテンツァの痛いという口コミ

まずはポテンツァで痛みがあったという人の口コミをご紹介します。

https://twitter.com/MCgrammar__/status/1673545259392061440?s=20

ポテンツァは想像していたよりも痛かったという人は一定数います。施術時は麻酔クリームを使用しますが針を刺し、高周波を出しているので針を刺す痛みと電流を流す痛みを感じる人は多いです。

ポテンツァの痛くないという口コミ

ポテンツァが痛かったという口コミに対して、痛くなかったという口コミもあるのでご紹介します。

https://twitter.com/kichigaimojo/status/1627998433016696833?s=20

同じポテンツァでも、痛みを感じる人と感じない人がいます。この違いは一体なぜでしょうか?

詳しく解説していきます。

ポテンツァは痛みを感じる理由2つ

ここからは、ポテンツァで痛みを感じる理由2つをお伝えします。

ポテンツァは針と、針先端から出る高周波で痛みを感じる

ポテンツァは、麻酔クリームを使用して痛みを感じない最大限のフォローを行っています。しかし、止血のための高周波を流しているため、痛みを0にするのは難しいでしょう。

針を使用する施術は、ポテンツァの他にダーマペンがあります。ダーマペンの針先からは高周波は出ません。

ポテンツァから出る高周波によってニキビやニキビ跡・毛穴の開きに直接エネルギーを与えるため、ダーマペンよりもより高い効果が得られると言われています。

そのため、多少の痛みがあっても早く肌をキレイにしたいという気持ちが強い方はポテンツァを受けるのをおすすめしています。

ポテンツァで痛みを感じる強さは個人差がある

人にはそれぞれの痛みに対する閾値があるので、同じ痛みでも「痛みが強い!」と感じる人がいれば「思ったよりも痛くなかった」と感じる人もいます。

そのため、ポテンツァで痛みを感じている人は痛みに弱い体質だったり、閾値が低かったりする理由が考えられます。

施術者の技術

ポテンツァは、施術者によって施術効果に差がでる施術ではありません。

しかし、施術者の技術で腫れや赤みが少ない、痛みが少ないといった口コミが多く寄せられています。

肌をキレイにするためのダウンタイムを受け入れている方がほとんどですが、出来ればダウンタイムの期間や症状は軽い方がいいですよね。

ポテンツァを受ける際は、技術者の腕をSNSなどで確認しておくと、痛みに対しても安心できそうです。

ポテンツァの痛みが気になる人はダイヤモンドチップがおすすめ

ポテンツァの痛みがどうしても心配だけど、施術を受けてみたいという方はダイアモンドチップを使用するのがおすすめです。

https://twitter.com/keroyon4276/status/1622507452997701637?s=20

ポテンツァのダイアモンドチップは顔のたるみや毛穴の開きに効果があります。針は使用しませんが、ラジオ波が皮膚の奥まで到達し、しっかりと肌や毛穴の引き締め効果を実感できるので、まずポテンツァを経験して判断したいという方は大モンドチップの使用がおすすめです。

ポテンツァの痛みをコントロールして美しい肌を手に入れよう

ポテンツァは麻酔クリームや選べるヘッドの内容で痛みのコントロールが可能です。

多少の痛みがあっても早く肌をキレイにしたいと思う方はポテンツァをおすすめしています。当院では、確かな技術を持った看護師が施術に当たらせていただきますので、どうぞご安心ください。

ご予約や無料のカウンセリングは下記の公式LINEより受け付けております。お気軽にご連絡ください。

PAGE TOP