たるみ・リフトアップ

たるみ・リフトアップsagging-lift-up

最適施術一覧

たるみ・リフトアップ〜お悩み〜

エスちゃん

・頬がたるみほうれい線が目立つようになった
・まぶたや口元が垂れ下がってきた
・フェイスラインが歪んできた

年齢とともに、このような悩みが増えていませんか?
顔のたるみによって疲れて見えたり、実際の年齢より老けて見えたりする場合があります。ご自身の悩みの原因になることや、見た目の印象に大きく影響を与えることもあるでしょう。

早期に対策・予防するためにも、たるみを引き起こす主な原因と要因を紹介します。

お顔のたるみの原因

肌の状態は年齢を重ねるとともに変化し、どうしても若い頃の状態よりも機能が低下します。その結果、顔のたるみにつながってしまうのです。

まずは、顔にたるみが出る原因から紹介します。

肌弾力の低下

肌弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンは、加齢とともに生産量が減少してきます。そのため、肌にハリがでづらくなり結果としてたるみにつながります。

また、生産されるコラーゲンやエラスチンの質も柔らかいものから硬いものへ変化します。そのため、若い頃に比べると表皮を支えられなくなり顔表面の見た目に影響がでてしまうのです。

※コラーゲン 線維状のたんぱく質で肌のハリを保ちます
※エラスチン ゴムのような性質があり肌に弾力を与える働きをします

代謝機能の低下

年齢を重ねることで、代謝機能が低下します。
皮下脂肪が燃えずに肥大化すると、重力の影響で下方向に落ちてしまい、たるみの原因となります。

表情筋の低下

表情筋が低下することによってたるみにも影響します。

加齢とともに筋力そのものが低下していきますが、表情筋も同じことがいえます。自分では意識していなくとも表情筋が衰退していて「気づいたらたるんでいた」というケースもあるでしょう。

また、ここ数年はマスク生活が続いており、人と会話をすることや表情筋を使うことも減っています。そのため、気づかないうちに表情筋が衰えてたるみが出てしまうこともあります。

お顔のたるみの要因

顔のたるみの原因を紹介しましたが、原因を引き起こす要因に気をつける必要があります。
内的・外的要因や生活習慣によってはたるみを引き起こしにくくすることも可能です。

次は、顔のたるみとなる要因を紹介します。

紫外線

紫外線は肌にダメージを与えます。
特に波長の長いUVAは、肌内部の真皮まで届いてしまい、肌のハリに必要なコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

乾燥

肌が乾燥すると、肌を健康に保つためのターンオーバーが乱れます。
そのあと肌のバリア機能も低下してしまうことから刺激を受けやすくなり、結果としてハリが失われてしまいます。

活性酸素の増加

活性酸素は、細菌やウイルスを撃退する役目を担っています。

人間が生きているうえでは必ず発生しますが、ストレスや食生活、生活習慣によって活性酸素が増加しすぎてしまうことで正常な細胞も攻撃してしまいます。

その結果、ハリや弾力が乱れ肌のたるみにつながるのです。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙などの生活習慣の乱れによっても肌のたるみにつながります。
生活習慣が整った健康な状態であれば肌に必要な栄養が行き渡りますが、生活習慣が乱れた状態だと肌のハリに必要な酸素や栄養が行き渡らなくなります。

最適施術一覧

ハイフとは、部位を瞬間的に高音にすると肌内部にダメージが起こす施術です。小顔になりたい方・目元や口元、フェイスラインのたるみが気になる方・今からたるみ予防したい方におすすめです。

糸リフトは、注射針に通した糸を皮膚の内側に挿入する施術方法です。たるみを改善したい方・ほうれい線、マリオネットラインが気になる方・小顔になりたい方におすすめです。

ご予約はこちら

電話受付: 9:00〜17:00

LINEお問い合わせ: 24時間受付中!