ハイフとポテンツァは併用できる?おすすめの施術間隔は?

気になるフェイスラインのたるみを何とかしたいけど切る整形はしたくない、手軽な方法でたるみを予防したい、そんな方におすすめなのがハイフとポテンツァです。

ハイフとポテンツァは、超音波や高周波などの体に傷がつかない方法でたるみケアを行うことができるため、人気となっています。

一方で、いずれも施術後は多少の赤みや肌負担が生じる施術のため、そもそもハイフとポテンツァは併用しても良いのか、もし良い場合はどのくらい間隔を空けるべきなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ハイフとポテンツァを併用する場合のおすすめの施術間隔について解説します。

そもそもハイフとポテンツァはどのような方に適応となるのかについても紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

そもそもハイフとは?

まずは、そもそもハイフとはどのような施術なのか、どのような方に適応となる施術なのかについて解説します。

ハイフとは

ハイフとは、HIFU:High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略で、虫眼鏡のように一点に集中させた超音波を肌内部に照射する施術です。

皮膚の浅い層から深い層に熱を加えますが、特に深部にあるSMAS筋膜をターゲットに熱エネルギーを届けることで、肌表面に傷をつけずにリフトアップ効果が得られます。

熱を与えられた組織はコラーゲンやエラスチンの生成が促進されるため、肌の引き締めや弾力アップにも効果的です。

ハイフが適応の人

ハイフは、特にフェイスラインの引き上げ効果が欲しい方に適応となる施術です。

ハイフは他の切らない施術と比べて、SMAS筋膜という表面から約4.5mmほどの深い層を中心に超音波を照射するため、内側からフェイスラインを引き上げられることが特徴です。

そのため、切開リフトや糸リフトなどの物理的に引き上げる施術は行いたくないけれど、できるだけリフトアップ効果がほしいという方が適応です。

そもそもポテンツァとは?

続いて、ポテンツァとはどのような施術なのか、どのような方に向いている施術なのかについて解説します。

ポテンツァとは

ポテンツァとは、肌悩みに応じたチップや薬剤によってあらゆる症状に効果を発揮する施術です。

ポテンツァは極細の針を肌に刺して創傷治癒効果によって美肌効果を得たり、専用の薬剤によってさらに効果をアップさせたりすることもできます。

しかし、たるみ治療で主に用いられるダイヤモンドチップはノンニードルのチップで薬剤導入も行いません。

代わりに、肌内部に熱を与えるモノポーラと表面に熱を与えるバイポーラという2種類の高周波を連続的に照射する特許技術によって、しっかりとした肌の引き締め効果が得られます。

ポテンツァが適応の人

ポテンツァは、表皮から脂肪層という比較的浅い層に2種類の高周波を均一に照射する施術です。

そのため、ぼやけた皮膚のたるみをしっかりと引き締めたい方、リフトアップよりタイトニングを重視したい方に特に向いている施術です。

ハイフとポテンツァはどっちが良い?違いは?

ここまで、ハイフとポテンツァはどちらもたるみケアに有効な施術であることを解説しました。

ここからは、ハイフとポテンツァの違いについて紹介していきます。

ハイフとポテンツァの違い

ハイフは超音波、ポテンツァは高周波と、そもそも与える熱エネルギーの種類が異なりますが、ターゲットとする層に違いがあることが特徴です。

ハイフは主にSMAS筋膜という深層、ポテンツァは主に表皮~脂肪層という浅い層にアプローチする施術です。

なお、ハイフのほうが深い層に熱が加わるため、痛みがより強く感じる可能性もあります。

ハイフとポテンツァは併用が効果的

しっかりとたるみ改善効果を実感したい方は、ハイフとポテンツァの併用がおすすめです。

理由は、フェイスラインのたるみは内部の組織と皮膚がどちらもたるむことで起きてしまうためです。

そこで、ハイフによって内部の組織を引き上げ、ポテンツァで皮膚を引き締めることで、高い効果を期待できます。

ハイフとポテンツァのおすすめの施術間隔は?

ハイフとポテンツァはどちらも手軽に行える施術ではありますが、肌に熱エネルギーを加えるため、ある程度の負担を生じさせます。

そのため、一方の施術後、肌の炎症が治まった2~4週間後に次の施術を行うことが推奨されています。

施術の際は、引き上がった組織に皮膚をぴたっとタイトニングさせるとより高い効果が期待できるため、順番としてはハイフの後にポテンツァを受けることをおすすめします。

引用:エールクリニック

ハイフとポテンツァを併用して効率的にたるみケアをしよう

ハイフとポテンツァは一見すると似ている施術ではありますが、ターゲットとする層が異なるため、適応となる症状にも違いがあります。

より効果を実感したい方はハイフとポテンツァを併用し、肌内部の組織と皮膚どちらにもアプローチして効率的なたるみケアを行いましょう。

当院でもたるみ治療に関するご相談を承っております。ハイフとポテンツァの施術に興味がある方はぜひご相談にお越しください。お待ちしています。

PAGE TOP