シミ取り前後はどんなケアが必要?おすすめの薬や気をつけることを解説

年齢とともにポツポツと増えるシミ。これまではホームケアが一般的でしたが、近年はクリニックでシミ取りをする方が増えてきました。

クリニックでのシミ取りは短期間でシミをなくすことができる一方で、一時的に肌にダメージを与える施術のためシミ取り前後のケアが非常に重要です。

ケアを怠ると、シミ取りの効果が十分に得られなかったり、シミ取り前よりも濃くなってしまう可能性も。

そこで今回はシミ取り前後におすすめのケアについて紹介します。取り入れたい薬の効果のほか、リスクについても解説していきます。

これからシミ取りをしようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

シミ取り前に特におすすめのケアは?

まずは、シミ取り前におすすめのケアを紹介します。シミは濃く根深くなればなるほど、除去する際に肌へのダメージが増大します。

そのためシミ取り前には、今あるシミを少しでも薄くしておく、または最低限悪化させないことが大切です。ここからはシミの改善及び予防に効果的な3つの内服薬について解説します。

シナール

シナールはビタミンCとビタミンB5を配合した薬です。何となくシミにはビタミンCというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、具体的にはシミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

ユベラ

ユベラはビタミンEを主成分とする薬です。ビタミンEには代謝を促進させる働きがあります。

ターンオーバーが促されることで既存のシミのメラニン色素が排出され、さらに抗酸化作用によって今後のシミも予防できます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。

トラネキサム酸は紫外線ダメージによる炎症を鎮静化し、メラニンを生成する細胞の活性化を防ぐ働きがあります。

引用:アイシークリニック

シミ取り後に特に取り入れたいケアは?

続いてシミ取り後に取り入れたいケアについて紹介します。シミ取り後は肌が敏感になっており紫外線や摩擦などの影響を受けやすくなっています。

紫外線ダメージや摩擦を受けると、色素沈着が起こりやすくなってしまうため、シミ取り後は色素沈着を予防することが重要です。

ここからは色素沈着の予防に効果的な2つの外用薬について紹介します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、ヒドロキノンを主成分とした薬で、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

同様の美白作用があるコウジ酸やアルブチンの100倍の効果を持つとも言われており、その高い効果から肌の漂白剤と呼ばれることもあります。

トレチノイン

トレチノインとはビタミンAを主成分とした薬です。トレチノインを使用すると、ターンオーバーが促進され、2~4週間程度で表皮が置き換わります。

ハイドロキノンと併用することで、色素沈着予防効果をさらに高めることができます。

引用:はなふさ皮膚科

シミ取り前後に使用する薬のリスクを解説

ここまで紹介したシミ取り前後におすすめの内服薬や外用薬は、効果がある一方でリスクや副作用もあります。

ここからは紹介した薬のリスクや注意点について紹介していきます。

シナール

シナールはビタミンCを主成分としているため、余分に摂取した分は基本的には体外に排出されますが胃の不快感などの消化器系の副作用がある可能性があります。

ユベラ

ユベラの副作用として、便秘・下痢・発疹などが現れる可能性があるとされています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は血液を固まりやすくする作用があります。そのため、心筋梗塞や血栓症の症状がある方、ピルを服用していて血栓症を起こすリスクが高い方は服用できません。

これらの症状がない方についても、長期服用の際はよく医師に相談してください。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれているとおり、非常に刺激が強い薬です。そのため、皮膚の赤みやヒリヒリ感が起こる場合があります。気になる方は使用頻度を減らすなど医師に相談しましょう。

トレチノイン

トレチノインも刺激が強い薬のため、炎症を起こしやすい薬です。特に使用し始めは、皮むけや痛みが生じる場合もあります。

シミ取り前後に気を付けること

最後に、内服薬や外用薬以外の日常生活においてシミ取り前後に気を付けることを紹介します。

せっかくお金をかけてシミ取りをしたのに効果を得られなかった、ということがないようしっかりとチェックしてください。

紫外線対策をしっかりとする

紫外線対策は基本中の基本として特に重点的に行うようにしましょう。

特にシミ取り後は、肌にダメージを受け、普段以上に紫外線の影響を受けやすくなります。

そのタイミングで紫外線に当たってしまうと、色素沈着によるいわゆる戻りジミが発生してしまう可能性があります。

擦らない・刺激を与えない

摩擦も色素沈着の原因となりますので注意が必要です。

シミ取り後は肌がデリケートな状態となっていますので、洗顔やスキンケアの際、とにかく優しく行うようにしましょう。

しっかりとケアして後悔のないシミ取りをしよう

シミ取りは1回で根本にアプローチできるため近年施術を受ける方が増えてきましたが、シミ取り前後のケアが非常に重要となります。

施術前は内服薬でシミの悪化を防ぎ、施術後は外用薬も併用して色素沈着を防止することで綺麗にシミをなくすことができますので、施術の際は前後のケアにも注力してください。

当院でも、シミ取り及びシミ取り前後のケアのご相談を承っております。できるだけシミを綺麗に取り去りたいという方はぜひご相談にお越しください。お待ちしています。

PAGE TOP