シミを消す方法とは?市販薬でも効果はあるの?

多くの方を悩ませている顔のシミ。どうにかして顔のシミを消したい、そう考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、顔のシミを消す方法について解説します。市販薬などのセルフケアでもシミを消せるのかについても紹介していますのでぜひ参考にしてください。

そもそもシミってどんな種類があるの?

そもそも、シミと一言で言っても、さまざまな種類があります。種類によって改善方法が異なりますので、自分のシミがどのタイプなのかチェックしてみましょう。

老人性色素斑

シミと聞いて最もイメージする方が多いのがこの老人性色素斑です。

これまでの紫外線ダメージによって産生されたメラニンが蓄積し、年齢とともにターンオーバーが正常に働かなくなることによりメラニンがシミとして出現します。

紫外線ダメージが原因のため、顔の中でも頬骨など高い位置にあり日光が当たりやすいころに多くできる傾向にあります。

炎症後色素沈着

若い方でも比較的起こりやすいのが炎症後色素沈着です。

ニキビや傷、虫さされなどの肌ダメージを受けた後、本来は炎症の赤みが徐々に引いていきます。

しかし、炎症後の刺激を受けやすい状態のときに紫外線や摩擦などを与えるとそれが色素沈着として残ってしまうのです。

肝斑

頬骨あたりに左右対称にできるもやっとしたシミが肝斑です。

肝斑は30代~50代の女性に多く出現するシミで、原因ははっきりとしてませんが、ホルモンバランスが関係していると言われています。

肝斑も老人性色素斑ができやすい頬骨に多く出現するため、見分けるのが難しい場合は医師に相談することをおすすめします。

そばかす

そばかすは遺伝的な要因でできるシミで、思春期にピークを迎え、徐々に目立たなくなっていく傾向にあります。

老人性色素斑などの他のシミと比較すると、色が薄く小さな斑点が集中していることが特徴です。

肌の新陳代謝の関係で、春~夏にかけて濃くなり、秋~冬にかけて薄くなる場合が多くあります。

市販薬でもシミを消すことはできるの?

できることなら市販薬でシミを消したいところですが、セルフケアでシミを消せるのでしょうか。

ホームケアの基本は予防

基本的には、ホームケアの目的は改善というよりも予防です。日焼け止めで紫外線ダメージを抑え、スキンケアでメラニンの産生を抑制します。

予防しかできない、というと軽視してしまう方もいるかもしれませんが、できてしまったシミを消すことよりも、まずはそもそもシミを作らせないことがとても重要です。

シミの種類によっては薄くなることもある

ホームケアの基本は予防が目的ですが、シミの種類や状態によっては薄くなる場合もあります。

できたばかりで比較的薄い老人性色素斑や炎症後色素沈着は、市販のハイドロキノンクリームなどを継続的に使用すれば徐々に薄くなっていく場合もあります。

一方で、肝斑やそばかす、できてから長い時間が経った老人性色素斑と炎症後色素沈着はセルフケアでは目に見えた効果は期待できません。

シミを消したいならクリニックでの治療

セルフケアでは効果のないシミを消したい方や、できるだけ早く悩みをなくしたい方はクリニックでの治療がおすすめです。

シミのタイプによってアプローチ方法はさまざまあり、併用することもあります。

レーザー治療

できるだけ早く効果を実感したい方はレーザー治療がおすすめです。

レーザーには特徴に応じてさまざまな種類があります。

例えば、メラニン色素を破壊し1回で効果が見えやすいQスイッチヤグ(YAG)レーザーやラノサイトに刺激を与えず少しずつメラニンを壊すレーザートーニング。

シミの種類や確保できるダウンタイムの日数によって異なるレーザーを使用します。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

フォトフェイシャル

シミだけではなく、ハリ感やくすみ、しわなど複合的な肌悩みがある方はフォトフェイシャルがおすすめです。

IPLと呼ばれる光線を肌に照射することで、シミの原因となるメラニンや赤みの原因となるヘモグロビンなどにアプローチします。

レーザーと比較すれば、濃いシミに対する照射回数は多くなりますが、全体的に肌状態を良くしたい方には適しています。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

外用薬

あまりダウンタイムが取れない方には外用薬という手もあります。

レーザーやフォトフェイシャルと比較すれば効果はマイルドですが、ハイドロキノンやトレチノインなど、医師の診断のもと市販品よりも高い濃度の薬を使用できます。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

内服薬

内服薬で内側からシミを軽減させていく方法もあります。ビタミンCやL-システインなどでメラニン排出を促し、ターンオーバーを活性化します。

内服薬だけでシミが完全になくすのは困難なため、他の施術と併用することが多いです。

ドラッグストアなどでも購入できますが、飲み合わせなどもあるため医師の診断のもと服用するのがおすすめです。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

頑固なシミはクリニックに相談しよう

一度できてしまったシミは、セルフケアで完全に消すことは困難です。

まずは紫外線対策や保湿で予防に力を入れ、できてしまった頑固なシミはクリニックでの治療を検討しましょう。

当院でもシミの相談を承っております。気になる方はぜひ相談にお越しください。

PAGE TOP