まぶたのたるみの原因と改善方法は?セルフケアも効果はあるの?

顔の第一印象を決めるといえば目元。最近まぶたのたるみが気になってきたという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はまぶたのたるみの原因と改善方法を紹介します。セルフケアでも改善できるのかについても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてくたさい。

まぶたのたるみの種類と原因

まずはまぶたのたるみの種類とその原因について解説します。自分はどのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。

加齢による皮膚のたるみ

年齢を重ねてたるみが気になってきたという方は、加齢による皮膚のたるみが原因の場合があります。

年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少していき、肌のハリ感が失われることで皮膚がたるんでいくのです。

さらにまぶたは非常に皮膚が薄い場所ですので、二重のりや無理なクレンジングによる摩擦などで比較的若い方にも症状が生じる場合もあります。

脂肪でたるんで見える

厳密にはたるみではありませんが、まぶたの脂肪が多く目に脂肪が乗っかってしまい、たるんで見えることがあります。

まぶたの脂肪は若い方が多く、年齢を重ねていけば徐々に脂肪が減っていきます。

そのため、まぶたの脂肪の対処を行いすぎると、年齢とともに逆に目の窪みが気になってしまうこともありますので注意が必要です。

筋肉のゆるみ(眼瞼下垂)

まぶたを持ち上げる挙筋腱膜という筋肉のゆるみによって、目を開けづらくなってしまい、それがまぶたのたるみに繋がるケースもあります。

生まれつきの方、加齢や長年のハードコンタクトレンズの使用によって発症する方など、原因は複数あります。

眼瞼下垂になるとまぶたではなく眉毛を上げて目を開けようとするので、頭痛や肩こりなど身体に様々な不調を来す可能性もあります。

まぶたのたるみを改善するセルフケア

ここまでまぶたのたるみの種類と原因について解説しました。ここからはセルフケアでまぶたのたるみを改善する方法について解説します。

アイクリーム

加齢による皮膚のたるみが原因の場合は、アイクリームで進行を抑えられたり、ある程度は症状を改善できたりする可能性があります。

皮膚のたるみはハリの減少や乾燥から起こりますので、レチノール配合でハリ感を与えるものや、ナイアシンアミド、セラミドなどで乾燥を防ぐものが効果的です。

過度なマッサージをしない

まぶたのたるみの改善方法として、目元のマッサージが効果的と思う方もいると思いますが、過度なマッサージは禁物です。

目まわりは顔の他の部位と比較してかなり薄く、ちょっとした摩擦でも刺激となってしまいます。

良かれと思って行ったマッサージが、逆に皮膚のたるみを引き起こす可能性がありますので、強いマッサージを行ったり目をガシガシと掻いたりするのはやめましょう。

目の疲れをとる

パソコンやスマホの見すぎで目が疲れてくると、目を開けづらくなり、ぼやっとした眠そうな印象になります。

それが蓄積していくと、どんどん目を開ける筋肉が弱まり、眼瞼下垂の原因となる可能性もあります。

パソコンやスマホは時間を区切って休憩し、遠くの景色を眺めるなど、目に過剰な疲労を与えないよう日頃から意識することが重要です。

まぶたのたるみを取るためのクリニックでの治療方法

まぶたのたるみはセルフケアで根本的に治すことは困難です。

どうしてもまぶたのたるみを改善したいという方はクリニックで治療することになります。

いずれも身体や金銭面に負担がかかる施術となりますので、よく検討してから治療を行いましょう。

皮膚のたるみは皮膚切除

皮膚のたるみは、たるんだ皮膚自体を切除することで改善を狙います。

皮膚の切除はまぶたの皮膚を切除する方法と、眉下や眉上の皮膚を切除する方法があります。

どちらの方法でもまぶたの二重のラインや眉毛のラインに合わせて切開するため、最終的には傷が目立ちにくくなる傾向にあります。

しかし、いずれも切開範囲が広いため、ダウンタイムが取れるかや、もし傷が大きく残ってしまっても最終的には納得できるかなど、よく検討してから行ってください。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

脂肪が多すぎる場合は脂肪除去

脂肪による目のたるみは、まぶたの脂肪を取り除く方法で改善します。

脂肪溶解注射など手軽な治療もありますが、まぶたに小さな穴を開けてまぶたの奥の脂肪を取り除く上眼瞼脱脂術が、効果を実感しやすいでしょう。

引用:品川スキンクリニック美容皮フ科

150 眼瞼下垂には挙筋前転術

眼瞼下垂には、ゆるんでしまった挙筋を短縮する挙筋前転術という手術を行うことで、目を開きやすくします。

眼瞼下垂症はまぶたの病気のため、程度によっては保険適用で手術を行います。

正しく手術を行えば症状は改善しますが、目元が2週間~1ヶ月程度は大きく腫れる場合がありますので、事前にダウンタイムを理解した上で手術を受けましょう。

引用:湘南美容外科

200 症状を見極めできる範囲の治療を行おう

まぶたのたるみは、根本から改善するためにはダウンタイムがある手術が必要となり、金銭的にも心身にも負担がかかります。

どの程度改善したいのか、リスクを理解した上でも手術を受けたいのかをきちんと考え、できる範囲の治療を行いましょう。

当院でもまぶたのたるみに関するご相談を承っております。気になる方はぜひご相談にお越しください。


PAGE TOP